テーマ別研修

【教育現場で活かせるスキルを磨く】 教育機関向け研修

教育機関向け研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

教育業界で役立つスキルを習得する。

本研修の対象

若手社員 中堅社員 管理職

  • 効率よく仕事を進めるスキルを身に付けたい方
  • 学生や保護者とのコミュニケーションのスキル向上を目指す方
  • ダイバーシティや女性活躍など多用化する社会についての意識を高めたい方

教育機関向け研修のラインナップ

教育機関向け研修

教育業界で注目されている知識やスキルを身に付け、現場でよりよく働くための研修です。

アサーティブコミュニケーション研修

主張と尊重を両立するアサーティブコミュニケーションの方法を学び、社内での良好な人間関係構築を目指す研修です。

多様性研修

様々な価値観を受け入れるという意識を持ち、多様な人物が活躍できる組織づくりを行うための研修です。

LGBT研修

LGBTについての理解を深め、当事者にとっても周りにとっても働きやすい環境を作るための研修です。

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

セルフケア研修

自分では中々気づきにくいストレス要因やストレス反応に、いち早く対応し、ストレスに強いメンタルを作る研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 業務の負担が大きく、メンタルヘルス不調が発生してしまう
  • 大量の仕事があり、重要な仕事、優先順位が高い仕事の判断がつかない
  • 保護者との関係構築が上手くできずトラブルやクレームを起こしてしまう
  • 多様な背景を持つ学生について理解し、適切な対応が取れることが必要になっている

教育機関向け研修の概要

教育機関向け研修では、教員が仕事を進めやすくなったり、学生や保護者への対応をより良くできるようになったりするためのスキルを学習します。

教育機関では、教員の業務量の多さや勤務時間の長さが特に問題となっています。個人の仕事力だけに頼るのではなく、学校全体で生産性向上を進めていくことが求められます。また、削減できた時間で授業の準備や学生・保護者対応などのより重要な業務における成果を増やせるよう、研修でノウハウを身に付けていきます。

教育業界向け研修の目的

教職員がより働きやすい環境を整える

教職員の業務量、業務時間の改善は急務と言われています。メンタル不調を引き起こすような事態になることを防ぎ、誰もが働きやすい職場にしていくため、生産性向上や業務改善の意識が求められています。

価値観のアップデートを行う

教育機関は未来を担う子どもたちが学習する場であるため、教職員の考え方や価値観を随時更新していくことが必要になります。ダイバーシティへの対応など新たな考え方を理解して、適切に対応できるように準備をします。

リスキル教育機関向け研修の特徴

リスキルの教育機関向け研修では次のような特徴があります。

短時間の研修にも対応

階層別研修やテーマ別研修など、幅広い研修内容をご用意しています。丸1日時間をとることが難しい教職員であっても、半日や2時間などの短い時間で研修を行うことが可能です。

ワークを通して、実践力を身に付ける

研修の中でワークを重ねることで、得た知識を明日から実践する姿をイメージしながら、研修を進めていきます。

豊富な研修実績

リスキルの教育機関向け研修は多くの企業にご利用いただいています。

女性活躍推進やLGBTQ、ダイバーシティに関する研修、コミュニケーション能力向上に関する研修など、幅広い研修が実施されております。

業務量、業務時間の改善のための生産性向上に関する研修も注目を集めているものの一つです。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)