テーマ別研修

【チームをまとめ上げる】 マネージャー研修

マネージャー研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

チームをまとめ上げる力を身につける

本研修の対象

管理職

  • 業種、職種問わずマネージャー・管理職として就業されている方
  • 部下育成のためのマネージャーとしての視点、指導方法を身につけたい方
  • 責任ある業務を行う中でさまざまな問題意識・課題を持たれている方

マネージャー研修のラインナップ

マネージャー研修

マネージャーとして、チームを率先してまとめて行くための、仕事の管理方法、部下育成方法を身につける研修です。

新任管理職研修

初めて管理職になる方向けに、部下育成方法や目標管理など必要なスキルを身につける研修です。

プレイングマネージャー研修

プレーヤーとしても、マネージャーとしても活躍できる人材になるための研修です。

マネジメント研修

管理者として、チーム全体の目標達成や組織力を向上させるための業務改善・コミュニケーション方法等が学べる研修です。マネジメントの役割を持つ方が対象です。

課長研修

課長として会社から求められているスキルや業務内容を理解し、組織全体の成績を伸ばし生産性を向上させるための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 叱り方がうまく行かず、部下が萎縮してしまっている
  • 効果のある指導方法を理解し、部下のモチベーションアップを図ってほしい
  • 周りとの良好なコミュニケーションで信頼関係構築し、会社全体としての成果を上げたい
  • 正しい評価方法を身につけ、常に次を見据えた行動を取れるようになってほしい

マネージャー研修の概要

マネージャー研修とは、リーダーが決めた方針や目標に沿って、チームをまとめ導いていく役割を担う役職のための研修です。

仕事を管理し、部下を育成・評価・指導するにあたり、その効果的な方法を学習することでチームの目標達成や組織力の向上を継続的なものにしていくことを目的としています。

マネージャー研修イメージ②

マネージャーの役割

マネージャーは方針・ゴールに向かって適切な計画を立て、それを実行していくことが求められます。

マネージャーとリーダーの違い

「マネジメントは正しく行うことで、リーダーシップは正しいことを行うこと」という表現がわかりやすいでしょう。

簡単に表にまとめると次の通りです。

マネージャー リーダー
ビジョンの実現のために動く
的確な行動を取れるように指導する
現在と近い将来の利益を見る
秩序を目指す
リスクを減らす
感情よりも理性に訴える
など
ビジョンを掲げ全体の方針を示す
自ら的確な行動をとる
長期の目線を持つ
変化(変革)を目指す
リスクを負う
感情と理性の両方に訴える
など

いずれも完全に違う概念ではなく、それぞれがそれぞれを包括しています。リーダーもマネジメントを行いますし、マネージャーにもリーダーシップが必要です。

マネージャー研修の中でもリーダーシップについての確認は近年重要になってきています。

マネージャー研修の目的

マネージャーは組織の中で部下やチームの管理・指導などを行い、メンバーがより成果を出せるように導ける力が必要です。それらのスキルを習得、および向上されるためにリスキルでは全般的なマネジメント基礎力の研修に加えて、テーマを絞った研修も用意しています。

具体的にはどのような能力を伸ばすのが良いのでしょうか。

部下育成・指導力

マネージャーが一般職とは大きく異なる点に、「部下の育成や指導・評価を行うこと」があります。
一般職の頃に行っていた後輩へのOJTやアドバイスよりももっと専門的で的確なものが求められています。
日頃から部下の様子を観察したり、コミュニケーションを取ることでモチベーションやストレスを管理する把握・管理することも仕事です。

数字管理能力

会計や経営についての知識を持つことが必要です。会社を数字面から見ることで、意思決定や戦略策定をより効果的に行うことができます。 自身や直属の部下の売上だけでなく、全体に目を配ることが求められます。

マネージャー研修イメージ

リスキルマネージャー研修の特徴

リスキルのマネージャー研修には次のような特徴があります。

幅広い職種と管理内容に対応

さまざまな職種においてマネージャーとされる役職者が直面する業務内容は多岐にわたります。タスク管理・業務改善・コミュニケーション・モチベーション管理・ストレス管理などといった多数の管理事項について、研修カリキュラムが用意されています。

アレンジへの対応

マネージャーとして必要になるリーダーシップ能力や、チームビルディングの要素を中心とした研修などへの変更も可能です。

研修カリキュラムの流れ

マネージャー研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01チームリーダーの役割理解

    ゴール

    チームリーダーとして必要な役割を理解する

    • 【オープニングワーク】チームリーダーに求められる役割は何か
    • チームリーダーとは
    • チームリーダーに必要なスキル
    • チームの目標設定
    • メンバーの育成
    • チームで適切なコミュニケーションを行う
    • 自身の感情コントロール
  2. 02チームの目標設定

    ゴール

    チームの目標を設定し、同じ方向を向いて走り出す土台を作る

    • なぜ目標が必要か
    • 目標の立て方
    • まずは目的から考える
    • 目標設定における「SMART」
    • 【ワーク】現状の組織・部門・チームの目標を再確認する
  3. 03チームメンバーの育成

    ゴール

    チームメンバーの育成に必要なスキルを習得する

    • 自責の考えをもたせ、メンバーを自走させる
    • 【ケースワーク】自責で考える
    • 適切に仕事を任せる
    • 【ワーク】指示の出し方
    • 随時チェックする
  4. 04チームでのコミュニケーション

    ゴール

    チームをまとめるためのコミュニケーション方法を理解する

    • コミュニケーションの基本
    • まずは、メンバーの意見を受け入れる
    • 相談時の話の聞き方
    • 業務を引き取ってもよいか
    • 相談に対して支援をする
    • 【ワーク】部下の相談に対応する
  5. LAST感情をコントロールする

    ゴール

    自身の感情コントロール方法を学ぶことで、円滑なチーム運営ができるようになる

    • 怒りについての基礎知識
    • 怒りの原因
    • 「べき」の範囲、境界線を知る
    • 怒りの自己コントロール
    • 自分の感情を適切に伝える
    • 叱り方のポイント
    • 【ケースワーク】[ミスが多い部下/締切を過ぎても提出しない部下/自身のアポイントを優先する部下

よくあるご質問

アウトプット中心の実践的なカリキュラムにしていただけますか?

はい、弊社の研修は全てのテーマにおいてアウトプットの比率を高く設定しています。

冒頭でマネジメントの概要を理解いただいた後、現状の振り返りやケーススタディを通じて「明日から使える研修」を実現しています。
受講対象の方々の仕事内容をしっかりと理解した上で研修を行っています。

今後マネージャーとして活躍していくための素地を固めます。

丸1日、現場を離れることができないのですが、短時間で研修はできますか?

はい、可能です。

午前3時間や午後4時間など、いただけるお時間に合わせてカリキュラムの調整ができます。
(平日夜や週末のご依頼も増えています。)

終日用のカリキュラムをベースに、必要なトピックを選んで研修を組み立てることが可能です。

年齢が若く、経験が浅いマネージャーに合う研修はありますか?

新任管理職向けの研修は充実しています。また、年上の部下との接し方などを理解できる研修も豊富に用意されているため、各企業のニーズに合わせて、マネージャー向けの研修を実施することができます。

会社や現場の状況に合わせたマネージャー研修はできますか?

はい、可能です。リスキルでは数十種類のマネージャー向け研修が用意されているため、各企業の状況に合わせて研修をセレクトできます。また、複数の研修を組み合わせたアレンジも可能であることから、ニーズにマッチした研修を実施可能です。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのマネージャー研修は様々な企業様にご利用いただいております。

マネージャー以外の方へ同カリキュラムの研修を行う場合につきましてもご相談ください。内容を調整の上、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)