テーマ別研修

【意欲的に働くために】 モチベーション研修

モチベーション研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

自身や部下のモチベーションを上げるモチベーション研修

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員

  • 入社数年から定年間近のベテランまで、自己のモチベーションに問題意識を持っている方
  • 会社全体の活力や生産性を高めるため、モチベーションを向上させる方法を知りたい方
  • モチベーションの向上低下の要因を知りコントロールができるようになりたい方

モチベーション研修のラインナップ

モチベーションアップ研修

自身でモチベーションをコントロールし、より良い目標設定、成長を目指すための研修です。

セルフマネジメント研修

セルフマネジメント研修は自身で目標を持ち成長していく人材になるための支援研修です。

ラインケア研修

部下のメンタル不調の兆しを早期発見・対応し、休職や離職に至らないようなケアをしてリスクを予防するための研修です。

セルフケア研修

自分では中々気づきにくいストレス要因やストレス反応に、いち早く対応し、ストレスに強いメンタルを作る研修です。

褒め方研修・叱り方研修

正しく、効果的な褒め方・叱り方を理解し実践することで、相手の成長やハラスメント予防を目指す研修です。

コーチング研修

部下育成にとって必要な、モチベーション管理、目標設定、行動計画の管理などコーチングスキルとして必要な要素を伸ばす研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 同じような業務に長年携わっており、モチベーションの維持が難しいという声がある
  • 部下のモチベーションがコントロールできず、思ったように動いてくれない
  • ベテラン社員になるとモチベーションが低下し、最低限の仕事に留まってしまうケースがある
  • 若手のモチベーションを上げて、どんどん成長してもらいたい

モチベーション研修の概要

本カテゴリーでは、就業においてモチベーションをコントロールする手法について学習するための研修が用意されています。

一般的にやる気、モチベーションはストレスが無い状態かつ明確な目標がある時にもっとも向上するものです。その状態をいかに作り上げていくか、個人単位、チーム単位での取り組みをどうしていくべきか、さまざまな角度から取り組みます。

モチベーション研修イメージ

モチベーションが重要な理由

社員が労働ではなく、成果を求められるようになっていることが最大の理由です。労働ではその時間いて言われた仕事をしていれば問題ありません。しかし、成果を求められれば、「自発的に考え」「自分で行動する」ことが必要です。

この「自発的に考え」「自分で行動する」にはモチベーションが不可欠です。

仕事のモチベーションを上げるために

そもそもモチベーションはコントロールできるのか

下記で見ていく外発的動機づけは、周りの環境に依存するため、自身ではコントロールしにくいものです。しかし、内発的動機づけは自身でコントロールができます。

外発的動機づけ ✕

昇格や報酬と行った外からもたらされるモチベーションアップの要因を外発的動機と呼びます。昇格や報酬などが外発的動機です。モチベーション要因でも挙げた人がいたはずです。しかし、外発的動機は即効性があるものの、中長期的なモチベーションにはつながらないことが示されています。

内発的動機づけ ○

一方、仕事そのものの楽しさや、自分自身の成長など、自分の中から湧き出るモチベーションアップの要因を内発的動機と言います。内発的動機は持続的で、かつ強い推進力になります。自分自身の内発的動機を強化することがモチベーションアップの本質です。

研修でもこの内発的動機づけを中心に確認していきます。

リスキルモチベーション研修の特徴

リスキルのモチベーション研修には次のような特徴があります。

広い年齢層の方に対応

一般的にモチベーションは「人が何かをする際の動機づけや目的意識」として知られており、更に一言で「やる気」として認識されている言葉ですが、その向上方法について学ぶ機会はあまりないのが実情です。本研修では若手社員から定年退職間近の方まで、広い年齢層の方を対象としてカリキュラムを構成しています。

状況に合わせたストレスコントロールの手法を理解する内容も

モチベーションを向上させるにはストレスコントロールも必須です。一従業員として自らのストレスをコントロールする手法、上長として部下やチームのストレスをコントロールする手法、多面的なアプローチで対応できる内容も用意されています。

科学的な見地からも確認

経験則ではなく、科学的見地からもモチベーションアップ施策の効果を見ていくことができます。再現性の高いノウハウを身につけていきます。

研修カリキュラムの流れ

モチベーション研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01モチベーションの基本

    ゴール

    モチベーションを理解し、現在の状況を把握する

    • 業務への慣れ 
    • 【オープニングワーク】これまでの会社人生とここ2年間で最も会社へ貢献したこと
    • モチベーション確認 
    • 【ワーク】モチベーション曲線を書く
    • モチベーションとデモチベーション 
    • モチベーション向上のための基本 
  2. 02セルフモチベートの方法論

    ゴール

    モチベーションコントロールの方法論を学ぶ

    • 内的動機づけのために 
    • 主体性による動機づけ 
    • 有能感による動機づけ 
    • 関係性による動機づけ 
    • 【ワーク】現状確認
  3. 03メンバーシップ

    ゴール

    目的や方針などを共有し、現場の声をボトムアップするスキルを理解する

    • メンバーシップとは 
    • メンバーとしての役割 
    • メンバーシップで期待される2つの力 
    • リーダーシップとメンバーシップ 
    • 組織やチームの方針の具体的落としこみ 
  4. 04リーダーシップの理解

    ゴール

    目的や方針などを共有し、現場の声をボトムアップするスキルを理解する

    • ベテラン社員におけるリーダーシップの必要性 
    • リーダーに求められる役割 
    • 方向性を示す
    • リーダーとしてチームをまとめる 
    • あるべき姿で信頼され、他の模範となる 
  5. 05ベテラン社員が活躍し続けるために

    ゴール

    ベテラン社員が活躍できる場と方法を知る

    • ベテラン社員がやるべきこと 
    • 最良の受け手になれる 
    • 部下の育成・支援 
    • 培ったノウハウのシステム化 
    • 新しい仕事へのトライ 
    • 【ワーク】システム化へのトライ 
  6. LAST目標設定と行動計画

    ゴール

    目標設定を行い、明日からの行動に落とし込む

    • 【ワーク】気づきと行動の落とし込み 
    • 【ワーク】自分のチームに対する影響 

モチベーション研修参加者からの声を一部ご紹介します

医薬品製造開発企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 自分自身が何をしていったらいいのか、手探りではなく、しっかり目標や目的を持ち取り組もうと思いました。
  • 記入する場所も多く、考えさせられるとても良い課題が多かった。

住宅設備機器販売施工企業様

内容: 満足・良かった

86.7 %

講師: 満足・良かった

90.0 %

研修参加者の声

  • 今回の研修を受講させていただき、私自身が逃避者であったと気付きました。組織に貢献できる社員となる為、自分の意見を秘めることなく発信し協働者となり貢献できる人材を目指します。また、今までモチベーションについて考える機会がなく大変勉強になりました。日頃から営業所メンバーと意識的にコミュニケーションをとり業務が集中した際には助け合い組織全体の事を考え行動します。
  • 発言者の言葉を、噛み砕いた説明がわかりやすかった。また、その発言ごとに視点をどのように持つべきかも随時お答え頂き、なるほどと思う点が多々ありました。最後、研修は受けたままにせず、行動に移すことが大切という言葉が印象に残りました。
  • 毎日こなす仕事から、考えながら仕事をしていく、特に組織を中心とした考え方を参考に今後の仕事に取り入れて参ります。ありがとうございました。
  • 普段接する機会のない社内の方々と、コミュニケーションがとれ、色々な意見等が聞けたのが、よかったです。

クリニック開業・経営支援企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 誰の発言に対しても前向きな言葉をかけてくださるところが印象的でした。詳しく研修していただき、ありがとうございました。
  • 弊社社員の視座に立ち、とても分かりやすくご説明下さりありがとうございました。私も主体性を持ち、人の目線に合った会話・対話ができるように頑張りたいと思いました。
  • ワーク等を通じ、自分の考えを整理することが出来ました。また、他の方の発表も聞き、多角的に考えることが出来ました。
  • 今後の働き方に直結する内容で、とても聞きやすくためになりました!しっかりと目的意識を持って仕事に対して真摯に打ち込もうと思います。
  • 業務への取り組み方や、目的意識、モチベーションの維持の仕方など、自分がちょうど知りたいことを聞けてたので良かったです。主体性を持ち、会社に貢献できるよう今回の研修を繰り返しブラッシュアップしたいと思います。また、セッションタイムも設けていただいて、様々な方の意見を聞くことが出来たので、その点も良かったです。

ファミリーレストラン運営企業様

内容: 満足・良かった

92.3 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 外部の方が講師という事で大変興味深く参加させて頂きました。会社の研修とはまた違った内容で自身の仕事に対する姿勢を見直す良い機会となりました。
  • 日々、こなすだけになっていた事に気付かされました。明確な目標を定め、理念、目的は同じ方向を向いていなければならないと改めて理解しました。ありがとうございました。
  • 長い年月が経って、慣れや惰性で仕事をしてしまいがちだったが、それではいけないと気付かされた。40を過ぎて行き詰まりを感じていたが、まだ出来ることがあると思った。
  • ワークが多く良かった。自分がいかに日頃から考えていないかよくわかった。

不動産企業様

内容: 満足・良かった

100.0 %

講師: 満足・良かった

100.0 %

研修参加者の声

  • 気づきがある研修で良かった。明日から目標を持ってやっていこうという自信になりました
  • 改めて今の職級でやるべきことを考える機会をいただけました
  • 改めて会社での自分の立場や求められていることを自覚する機会になった
  • セルフモチベートについて考える事ができてよかったです

よくあるご質問

若手以外の社員でも受けられますか?

はい、階層に合わせたモチベーション向上のための研修をご用意しております。
それぞれの役割を再確認しつつ、モチベーションをアップさせ、自律的に働ける人材の育成にご活用いただいています。

研修タイトルの調整は可能ですか?

研修タイトルの調整についても相談を承ります。「モチベーションアップしてほしい」という目的の研修ですので、受講される方が気持ちよく受けられるような配慮も行なっています。「モチベーションアップ」とタイトルでは出さないことも可能です。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのモチベーション研修は、様々な企業様よりお問い合わせをいただいています。

「部下にやる気を出させるのが難しい」「どうすれば良いかわからない」「自分自身の意識も変えたい」そういった課題について、書籍や社内のみでの解決を図ることは容易ではありません。本カテゴリーの研修メニューの数々が解決への大きなヒントになったという喜びの声を頂戴しております。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)