テーマ別研修

【仕事との両立のために】 育児・介護・病気対応研修

育児・介護・病気対応研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

仕事と育児・介護の両立をしながら働ける環境づくりを目指す

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • 管理職、人事担当者など、マネジメントや雇用に携わる部門の方
  • 会社において、育児、介護、病気などと両立させる働き方の実現に興味のある方
  • ワークライフバランスの視点について詳しく学びたい方

育児・介護・病気対応研修のラインナップ

育児・介護・病気対応研修

介護・育児・病気などを抱える社員にも長く働いてもらうために、仕事と両立するための支援方法を身につける研修です。

ラインケア研修

部下のメンタル不調の兆しを早期発見・対応し、休職や離職に至らないようなケアをしてリスクを予防するための研修です。

女性活躍推進研修

女性社員の能力を生かして組織全体へ還元してもらうために、女性が働きやすい環境を作るための研修です。

アンコンシャスバイアス研修

自分では中々気づきにくい偏見などのバイアスパターンを理解することで、バイアスが発生してもすぐに気がついて対応できるようにするための研修です。

多様性研修

様々な価値観を受け入れるという意識を持ち、多様な人物が活躍できる組織づくりを行うための研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • 現在会社で働く女性従業員の仕事と育児の両立支援をしたいが、効果的な方法が分からない
  • 要介護の家族を持つ社員のサポートをしたいが、具体的な体制や制度がない
  • ワークライフバランスを保った企業を目指したいが、具体的な施策に落とし込めず困っている
  • ワークライフバランスへのとりくみを進めるために社員が抱えている問題を把握したい

育児・介護・病気対応研修の概要

育児・介護・病気対応研修とは、女性従業員や要介護の家族を持つ社員に安心して長く働き続けてもらうために、さまざまな状況に応じた仕事と育児の両立支援に必要な知識とスキルを身につけるための研修です。

チームの生産性を低下させないマネジメントスキルの向上や、求められる支援体制の構築が出来るようになることを目的としています。

育児・介護・病気対応研修イメージ

ワークライフバランスの視点を持った企業になるために

中堅・ベテランのキャリアにて、育児や介護との両立を図りながら働き続けることは、誰にでも起こりうることです。企業として対策をすることで働きやすい環境づくりが実現し、優秀な人材が活躍し続けることができます。

現状の把握

まずは、職場でどのような問題が起こりうるか、社会全体としてどのようなデータがあるのかを把握します。
関連法についても研修内で解説していきます。
また、当人の心理を知ることで理解につなげます。

企業として何ができるかを学ぶ

当人への配慮や社内全体の働き方の改善など、どのような支援や配慮ができるかを事例とともに学びます。
メンタルサポートやコミュニケーションなどチーム生産性の維持のためにマネージャーやチームメンバー、人事担当者に必要なことがわかります。

育児・介護・病気対応研修イメージ②

リスキル育児・介護・病気対応研修の特徴

リスキルの育児・介護・病気対応研修には次のような特徴があります。

具体性を持った学習を

企業コンプライアンスを前提に、ワークライフバランスやダイバーシティの視点を加えて、法的な制度を活用しながら各々の家庭事情に合わせた支援体制づくりの方法について学習します。

メリットが意識できる研修内容

該当社員あるいはチームの心理や物理的な困難を理解し、その支援に対する取り組みを成功させつつ企業プロモーションにどう活かすのか、というアイデアを得ることができます。

研修カリキュラムの流れ

育児・介護・病気対応研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01仕事と育児の両立支援の現状

    ゴール

    育児をしながら就労している労働者の現状を把握する

    • オープニングワーク:育児と仕事の両立にはどんな課題があるか(本人視点/組織視点)
    • 職場における育児支援をめぐる現状
    • 両立支援における管理職の役割
  2. 02仕事と育児の両立支援に関る法律と支援制度

    ゴール

    仕事と育児の両立支援に有用な法律を理解する

    • 関連する法律・制度を知る
    • 男女雇用機会均等法
    • 母性保護法 
    • 育児介護休業法
    • 各法律の運用ポイント
  3. 03育児中の女性の理解

    ゴール

    妊娠から職場復帰後における育児中の女性を理解する

    • 妊娠期の女性の心と体の変化とその配慮
    • 周囲に求める理解とサポート
    • 育休中の母親としての生活と心理の変化の理解
    • キャリアに関する課題感 
    • 【ワーク】自社で気を付けたい配慮は何か
  4. 04育休取得、時短勤務をしやすい職場作り

    ゴール

    育休取得や時短勤務がしやすい職場づくりのための仕組みや手法を理解する

    • 前提:管理職自身が休むことを前向きに捉える
    • 全員が効率的に仕事をする4つの仕組みづくり
    • 組織の制度からチームの方針を決める
    • 業務の見える化
    • 【ワーク】業務を洗い出し、無駄を省く
    • 育休の取得方法についてメンバーに共有する
    • 育休取得、時短勤務者以外のメンバーをフォローする
  5. 05ラインケアにおける対応

    ゴール

    ラインにおける具体的な生産性維持のマネジメントを学ぶ

    • マタニティ・ハラスメント
    • 育休に向けての準備
    • 育休中の関わり方
    • 復帰後の業務の配慮とコミュニケーション
    • 【ワーク】復帰者の相談に対応する
  6. LASTケーススタディ

    ゴール

    仕事と育児の両立が困難だったケースを通じてモデル学習する

    • 【ケーススタディ】仕事と育児の両立が困難なケースの改善点を考える
    • 【ワーク】育児への支援について出来る取り組みや改善点を洗い出す
    • 【ワーク】アクションプラン

よくあるご質問

マネージャーだけでなく、チームメンバーとなる一般社員にも受けてもらうことはできますか?

もちろん受けていただけます。
一般社員の方々も知っていることで、チーム全体として理解のある職場づくりがより進んでいきます。育児や介護などと仕事の両立については他人事ではなく、職場のほとんどの人が一度は悩む問題になりつつありますので、みなさんが自分ごととして学ぶことがおすすめです。

どんな職種が対象でしょうか?

職種に限らず、一緒に働く方への支援についての考え方がわかる研修です。
両立のためには、部署や仕事が限られてしまうと考えがちですが、望まない部署へ移動してもらうことが離職やハラスメントにつながる場合もあります。両立への障壁を知り、最適な支援は何かがわかることで本人も会社もWIN-WINな両立支援とすることができます。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルの育児・介護・病気対応研修は多くの企業様によりお問い合わせいただいております。

実際に研修を受講された方からは、困難な状況を抱える社員を支援するための適切な戦略、風土改革、意識改革を行う上でのヒントを得ることが出来たというご意見を頂戴しております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)