テーマ別研修

【不祥事防止のためのメカニズムを】 ヒューマンエラー研修

ヒューマンエラー研修のまとめページです。
詳細はラインナップの各研修ページをご確認ください。

ヒューマンエラーのメカニズムを知り、を未然に防ぐ

本研修の対象

新入社員 若手社員 中堅社員 管理職

  • ヒューマンエラー防止のための仕組み作り・環境整備について関心のある方
  • ヒューマンエラーに対する具体的な考え方を知りたい方
  • 職場環境を考える立場の管理監督者の方

ヒューマンエラー研修のラインナップ

ヒューマンエラー研修

ヒューマンエラーがなぜ起こるのかを理解し、起こらないためにできる考え方、予防策を身につける研修です。

タイムマネジメント研修

限られた時間の中で最大限の成果を出すためのポイントを理解し、行動を変えていくための研修です。

5S研修

5Sがどのように業務効率化に関わるのかを理解し、職場に導入・実現するための研修です。

生産性向上研修

現在の業務実績を把握して、業務成績を上げるためにどのような改善を行えるかを考え、生産性を向上させる研修です。

マニュアル作成研修

マニュアルのより良い作成方法から、継続的な更新など仕組み化されるまでの方法を理解する研修です。

個人情報保護研修

個人情報についての基礎知識を理解し、どのようなリスクが起こりうるのか、リスクへの予防・対応方法を身につける研修です。

こんなお悩みや課題をお持ちの方へ

研修に対する課題
  • ヒューマンエラーを起こさないようにする方法を会社として学びたい
  • 社内で起こるヒューマンエラーに、どのように対応するのが最適かがわからない
  • いつも社内で具体的な方策を立てられないまま終わってしまう
  • 方策は立てるが、メカニズムを理解出来ていないために同じエラーが繰り返されてしまう

ヒューマンエラー研修の概要

ヒューマンエラー研修とは、業務内でのエラーが起こる原因を理解し、エラーを未然に防ぐための対策を身につける研修です。

ヒューマンエラーが発生するメカニズムから原因を知り、基本的対策を理解することにより、ヒューマンエラーを未然に防止するための実践的な考えを学びます。

ヒューマンエラーを防ぐには

ミスに隠れている根本的な問題を見つける

業務を行っていると誰でもミスをしてしまいます。その際、「〇〇さんはミスが多い人だ」「〇〇さんの不注意が原因だ」などと考えていませんか。

ミスの原因をミスした誰かのせいにしていると、そのうち大きな事故に発展してしまいます。どうしてミスをしてしまうのか、ミスをしないために何を改善すればよいのかと対策を考えることによってミスを事前に回避することができます。

ミスをした際の影響を最小にする

ミスをゼロにすることはできませんが、ミスをした際に影響する範囲を小さくすることができます。

ミスの連鎖を止められるような対策や環境、仕組みづくりをすることで大きなエラーに発展する前の小さなミスの段階で問題を食い止めることができます。

ヒューマンエラー研修イメージ

リスキルヒューマンエラー研修の特徴

リスキルのヒューマンエラー研修には次のような特徴があります。

実践のための学習を

はじめに、実際にあった事件からヒューマンエラーが与える影響を認識し、対策の重要性を学びます。

どのようにその対策を行うべきなのか、適切な基本的対応をケーススタディによって考え、実践力としていきます。

現場で使える

現場で使いやすい内容をメインとしてお伝えします。理論だけではなく、現場で明日使える方法論を中心に理解できます。

研修カリキュラムの流れ

ヒューマンエラー研修のカリキュラムの一例です。研修の流れの例としてご参考ください。

  1. 01ヒューマンエラーとは何か

    ゴール

    ヒューマンエラーが発生する4つのメカニズムを理解する

    • ヒューマンエラーとは何か
    • ミスに対する基本的な考え方
    • エラーが発生する4つのメカニズムを理解する
    • メモリーミス(忘れる)
    • アテンションミス(見落とす)
    • コミュニケーションミス(伝わっていない・聞いていない)
    • ジャッジメントミス(判断を間違える)
  2. 02メモリーミスの基本的対策

    ゴール

    メモリーミスの対策について理解する

    • ワーキングメモリが原因
    • 「忘れない」ではなく「忘れる」前提に立つ
    • メモを取る・取らせる
    • 外部記憶補助
    • 符号化
    • 【ワーク】ミスを回避するためのアイディア
  3. 03アテンションミスの基本的対策

    ゴール

    アテンションミスの対策について理解する

    • 【ワーク】自身が起こしやすいアテンションミス
    • 頑張らない仕組み作り
    • 注意の無駄遣いを減らす
    • 思い込みを減らす
    • チェックリストの作成
    • シングルタスクでスピーディに処理する
  4. LASTコミュニケーションミスの基本的対策

    ゴール

    コミュニケーションミスの対策について理解する

    • コミュニケーションミス
    • 相手に矢印を向けて話を聴く
    • 復唱の重要性
    • 「答え」より「応え」を聞く
    • 【ワーク】気づきと行動への落とし込み

よくあるご質問

どんな職種が対象でしょうか?

職種に関わらず、皆様に参加していただけます。
テーマ研修として全社対象で研修する場合、工場勤務の方や営業職の方に絞って研修をする場合など企業ごとに様々です。対象にしたい方に合わせて最適な研修をご提案いたします。

自社でよく起こるミスが減るように、対策を考えることはできますか?

実際の例として自社の状況をお伺いして盛り込むことも可能です。
研修の内容を踏まえて、ミスの原因を明らかにし、起こさないような対策を皆様で考えていただけます。その結果は共通認識となり、明日からの業務に役立てることができます。

よくあるご質問の一覧>

豊富な研修実績

リスキルのヒューマンエラー研修は多くの企業様にご好評をいただいています。

ヒューマンエラー発生の可能性を抑えるための対応法については体系的に学習できる研修があまり多くなく、すぐ現場への適用が可能な内容だった、という喜びのお声を頂戴しております。

対象問わずお問い合わせいただければ、最適な提案をコンサルタントがさせていただきます。

リスキルの研修は様々な企業様にご利用いただいています

研修実績 導入事例を見てみる

お見積もり、お問い合わせはこちらから

お見積もり、お問い合わせはこちらから

見積りを10秒作成

TOPへ

研修のお問い合わせはこちら

リスキルのサービスに関する
お見積り、お問い合わせはこちらから

お電話はこちら

0120-80-9217

0120-80-9217

電話受付:月〜金 9:00-19:00(土日祝も研修実施)